トップページ
はじめに
財務省の放出金貨とは
旧一圓金貨明治4年銘前期と後期
後期手変り分類
後期手変り詳細
今後の予定
各種資料
作者について
ご利用条件
最新オークション情報
New!

最新オークション情報


財務省開催オークションの最新情報です。


第6回公開オークション申し込み締切迫る!
財務省の近代金貨オークションはこれが最終回です。

厳密には不納付になった物がもう一度売却されますが少数にとどまると思いますので実質的に今回が最後になります。

開催日:2月24日(日)
売却枚数:1,433枚
会場:東京銀座・AJC
下見会:2月18日-23日(事前予約者優先)

申し込みは書面の郵送またはAJCへの直接持参になります。
申し込み手続きについてはこちらを財務省のサイトをご覧ください。
締切は2月6日(水)までです。(AJC到着)

最終回は会場への入場は先着順ではありません。入場ができない場合は書面による入札が利用できます。書面入札は郵送の場合2月19日(火)AJC必着、またはAJCへ直接持参の場合は2月23日(土)17時までとなっています。



第6回・第7回インターネットオークションが発表されました。
ネットオークションはこれが最後になると思います。

参加してみようという方はもちろん、迷っている方も先に登録だけ済ませておきましょう。
登録に必要な手続きは以下の2つです。
(1)専用サイトで申し込む。
参加申し込みはこちら→ 参加申し込みサイトへ(新しいウィンドウが開きます)

(2)申し込み時に選択した身分証明書を指定の宛先に郵送する。

これで手続きは完了です。
ネット上の申し込みと身分証明書の確認時にそれぞれ完了通知がeメールで送られて来ます。
参加申込期間は12月18日までで第7回の分も同時の申し込みになりますのでご注意ください。
(*)12月19日以降に第7回の分だけ申し込む事はできません。

実際のオークションのスケジュールは以下の通りです。

第6回:下見12月10日-15日 オークション12月20日開始
第7回:下見1月14日-19日 オークション1月19日開始


その後の予定では来年2月に最後の公開オークションが開催される予定です。


2007年10月21日に第5回公開オークションが開催されました。
今回の旧一圓金貨明治4年後期の落札速報です。

グレード、落札価格毎に何件の落札があったかをまとめました。
グレード 落札価格 件数 グレード 落札価格 件数
美品A 90,000 1 並品 90,000 1
85,000 3 40,000 1
35,000 7
美品B 55,000 2 30,000 6
50,000 11 25,000 1
45,000 2
並品未満 25,000 2
23,000 1

手変り研究の観点から特筆すべきは並品ながら90,000円の値が付いたロットです。
私の下見では手変り分類Cに属するタイプですが「明」の字がやや崩れたようになっており一見中期のように見えます。

この変種はこれまで私が確認した中では今回で3枚目です。しかしながら3枚目が出た事で稀少手変り種としても良いのではないかと考えています。
[2007年11月1日]「稀少手変り種紹介」のページを作りました。


最終更新日:2007年11月1日


ご意見はこちら:  webmaster@gold-coins.jp