トップページ
はじめに
財務省の放出金貨とは
旧一圓金貨明治4年銘前期と後期
後期手変り分類
後期手変り詳細
今後の予定
各種資料
作者について
ご利用条件

旧一圓金貨明治4年銘前期と後期


旧一圓金貨の生い立ち

旧一圓金貨は明治4年に公布された「新貨条例」をその根拠として製造されました。他にも二十圓、十圓、五圓、二圓が製造されていますが二十圓と五圓、二圓の三種は明治3年銘として製造/発行されています。一圓金貨はその後7年、9年、10年、13年と発行されました。明治7年以降は量目(重さ)を変えずに直径が13.51mmから12.12mmに縮小されました。これは同じ量目で直径が大きいと金貨の肉厚が薄くなり、打刻した時のダメージが大きくなり安定した品質を保てなかったためだと思われます。現に、直径の大きい明治4年銘は品質のバラつきが大きく、今回の研究テーマになった手変りが多数存在しています。それは、上述の理由に加えて、極印自体も頻繁にダメージを受けたため修正が多く行われた結果であると考えられます。

なお明治7年以降は発行枚数が極端に少なく市場でも大変高価になっています。

明治4年銘の手変り(前期と後期)

明治4年銘に話を戻しましょう。

日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」によりますと、明治4年銘は184万1,288枚発行されました。現代の硬貨に比べるとずいぶん少ないと思われるかも知れませんが、当時1円以上の硬貨は一般にはそれほど需要が無かったものと思います。財務省の資料によると明治5年当時は銀座の中心にある交差点の地価が坪5円だったそうです。単純には比べられませんが1円玉で買い物する機会などそれほど多く無かった事は容易に想像できます。一圓硬貨は他に商取引向けの大型銀貨がありましたから小さい一圓金貨の需要はなおさら少なかったのでしょう。発行から110年の時を経たいま現存する枚数はかなり少ないものと思います。

その明治4年銘も早いうちから「一」の文字配置の違いなどから前期型と後期型に分類されていました。それぞれの現存比率ははっきりと分かりませんが、財務省の保有数から想像するにおよそ前期:後期=1:15程度であろうと考えられます。それまでの両者の取引価格差以上に数の開きがありますが、この比率は財務省オークションの落札結果にもある程度表れています。(一般市場では約2.5倍の価格差ですが財務省の落札価格では3〜5倍程度に広がっています。)


明治4年前期 明治4年後期
"一"の左端と"本"の位置関係をよくご覧ください。
前期はお互いに少しずれており後期は近づいています。

この前期に関してはあくまでも私見ですがこれまでの下見結果からさらに細分化するのは難しいと感じています。理由は、刻印の品質が非常に不安定で1枚1枚の個性が強いため大きなグループに分ける事が困難だからです。今後さらに研究が進む余地はありますが前期がこれ以上分類される可能性は少ないと思います。

一方後期ですが、既にオークションの鑑定付記などでも知られるように「中期」という新しい分類が出て来ています。実際下見をしても何通りかのパターンに分類できそうな事が分かって来ましたので現在整理作業を行っています。
このサイトではその分類について中間レポートという形で紹介いたします。



ご意見はこちら:  webmaster@gold-coins.jp